犬ベッド

飼い主さん、ポムがまたわたしのベッドに入り込んでいますけど、こんなことでいいのでしょうか?
P1120401.JPG

猫さん

ルナが大騒ぎをしても、
210223-A.jpg
微動だにしない白猫さん。
もっと静かにしてくれはらしまへんやろか。

210223-B.jpg

犬ベッド

掃除機をかけるために椅子をテーブルに乗せてその上に犬ベッドを置きました。気が付くとポムがその犬ベッドに入り込んでいて、何だかとっても気に入っているようなので、掃除が終わった後もしばらくそのままにしておくことにしました。
210219-A.jpg
ルナには飼い主の椅子でしばし寝てもらうことに…。
何でこうなるねん?

210219-B.jpg

犬ベッド

ルナが離れたすきに犬ベッドを占領したポム。
2102132-A.jpg
そこへルナが戻ってきました。
なんでポムがわたしのベッドにいるのよ。
無理矢理入ろうとします。

2102132-B.jpg
バトル勃発か?
2102132-C.jpg
と思いましたが、平和的解決に至ったようです。
ま、たまにはいいか。

2102132-D.jpg

猫さん

散歩の途中で猫さんに会いました。ルナ、あんたがかなう相手ではないで。
210210-A.jpg
早う去ねや、チビ犬。
それなりに迫力はあるけれど、よく見ると愛嬌のある顔をした猫さんです。

210210-B.jpg

術後

手術前ポムは特に具合が悪いと言う訳ではなく普段通りに生活していたのですが、術後は明らかにオシッコの出が良くなっていて、ああこれが正常な状態なのだと改めて思いました。詰まり気味の尿路のせいで肥大していた腎臓は元の大きさに戻りました。手術をしてくださった先生、手術に立ち会ってくださったいつもポムを見てくださっている先生、本当にありがとうございました!! そしてSUBシステムという人工尿路を開発してくれたメーカーにもお礼が言いたい、このシステムのおかげでどれだけの多くの猫が救われていることでしょう!!
以前より身体が楽になったような気がするにゃ。

210207.jpg

抜糸

術後の傷の治りは順調で病院でポムの抜糸をしてもらいました。もう普段の生活に戻って大丈夫だそうで、ポムはやっと洋服からも解放されました。飼い主にはまだ傷跡が痛々しく見えてしまうのですが、ポムはあまり気にしていないようです。
考えてみればポムは避妊手術、前回の尿管結石と人工尿路の手術そして今回の手術と3回もお腹を切っています。そして2日おきに飼い主に点滴を打たれ、2~3ヶ月に1回病院で尿路の洗浄をしています。何年かたってまた人工尿路が詰まったら手術をしなければなりません。腎臓の一つはもうほとんど機能していなくて残りのもう一つの腎臓で生きています。なかなかハードな人生(猫生)を送っています。
それなりに幸せに出来るだけ長く生きていてほしいと願うばかりです。
元気になったから心配しないで大丈夫にゃ。

210204-A.jpg
こんな伸び~だってできるのにゃ。
210204-B.jpg

仲良しなの?

仲良くストーブの前で暖を取っている2匹。
210201-A.jpg
けれども5分後には雲行きが怪しくなり、
なによ。
にゃによ。

210201-B.jpg
お決まりのバトル勃発。
210201-C.jpg
そしてまた5分後には仲良さそげな2匹。まあ2匹にとってバトルも仲良しのルーティンワークかもしれませんね。
210201-D.jpg

陽だまり

ねえ、いったいいつまでそこにいるの?
とルナが騒いだからという訳ではないのですが、ポムもだいぶ元気になってきたのでケージから出すことにしました。

210130-A.jpg
あら、2匹はどこに行ったのかしらと思って探したところ、カーテンの向こう側にいました。カーテンの手前よりこっちの方が暖かいことに気が付いたのね。
201030-C.jpg
外から見るとこんな感じです。
手術大変だった?
まあにゃ。

210130-C.jpg
そのうちバトルも始まるのでしょうが、今は静かにゆったりと2匹の時間が流れていきます。

術後

退院してから初めてポムを病院に連れて行きました。手術跡も問題なく来週抜糸することになりそうです。
診察台のポム。着ている服は以前手術したときに病院でもらったものです。手術跡を舐めないようにもうしばらく我慢して着ていてね。
え~、まだしばらく毛づくろいできにゃいの?

210127.jpg

つまんないなぁ

ポムは比較的元気なのですが、用心のためまだケージ生活です。ポムと遊べないルナはつまらなそう。
210126.jpg

退院

ポムの面会に行くつもりで動物病院に連絡をしたら夕方なら連れ帰って大丈夫ですよと言われました。2~3日入院と聞いていたのですが良かったです。
ということで無事退院したポム。エリザベスカラーはかわいそうなので以前術後で使っていた洋服を着ています。しばらく安静にしていなければならないのでケージ暮らしです。
うちはやっぱり落ち着くにゃ~。

210123-A.jpg
ポムはどうしてそんなとこにいるの⁇
210123-B.jpg


当日

手術の日の朝はもちろん食事抜きです。
なんで今日はキャットフード出てこないのにゃ。
と抗議するポムに同意のルナ。ルナにだけあげるのもと思い、ルナもしばらくお預けに…。

210122-A.jpg
午後ポムを預けた病院から無事手術が終わったと電話がありました。良かった!! 応援してくれた皆さん、ありがとうございました!! 明日ポムに会いに行きます。

ポムがいなくてルナ的には寂しい?せいせいしてる?
少なくともいつもより元気がありませんね。

210122-B.jpg

手術

ポムは4年ほど前に尿管結石になり、その時にSUBシステムという人工尿路の手術を受けました。2~3ヶ月に1度洗浄をしているのですが時間が経つにつれ石灰化が起こりどうしても尿路が詰まってきてしまいます。それで明日新しい人工尿路に取り換える手術をすることになりました。今日手術前の検査をいろいろやったのですが手術の許可が下りました。
ポム、頑張れ!! どうか無事に手術が終わりますように!!

210121.jpg

あなたはラッコ?

ルナの顔を見ていると時々ラッコかしら?と思うことがあります。耳が丸ければラッコそっくり??
貝は割れないけどね。

210119.jpg

陽だまり

ルナはカーテンの向こう側で何をしているのかというと、
210110-B.jpg
日向ぼっこです。
晴れた日の昼間はストーブよりも陽だまりに限るね。

210110-A.jpg